膝の痛みを感じたらオスグッド病かも?

公開日: : オスグット病について

痛みのメカニズムを解説!

第2期成長期と呼ばれる10歳~15歳ぐらいの10代前半の年齢では、成長ホルモンの影響で身長が急激に伸び、筋肉の成長が追い付かない場合があります。

このときに急に膝やかかとが前触れもなく痛くなる痛みを“成長痛”といいます。
この痛みのメカニズムを解説します。

成長痛は一過性のもの。

大腿四頭筋(太もも上部の筋肉)と膝蓋骨(膝小僧の骨)がつながり、膝蓋骨は膝蓋腱で脛骨(膝下の脚の骨)をつないでいます。

しかし、脚の骨の成長が速く、筋肉の成長が追い付いていないので、筋肉の柔軟性が低かったら、筋肉のけん引が激しく、大腿四頭筋が膝蓋骨を引っ張り、膝蓋骨と脛骨をつなぐ膝蓋腱も引っ張られて脛骨のつなぎ目の骨の部分が痛くなってしまいます。

同じ理屈で大腿骨と脚の踵をつなぐト腿三頭筋(ふくらはぎ部分)も引っ張られて踵も痛くなってしまいます。

でも“成長痛”の場合は、筋肉の成長が追い付けば痛みは治まります。
このように一過性のものですから我慢して安静にしていたら治ってしまいます。

成長痛と決め付けないで診察を。

しかし、この時期に跳躍の激しいスポーツをしている場合、あるいは普段から運動不足の子どもが体育の授業でいつもしない運動をしている場合でも、筋肉のけん引が特に激しく、この膝蓋腱と脛骨のつなぎ目の腱と骨に炎症が起き、この時点で“オスグッド病”に進行してしまいます。

成長過程の軟らかい脛骨は、腱に引っ張られている部分が出っ張ってきます。この膝の痛みを“成長痛”と思って我慢していると、出っ張っていた脛骨が限界に達し剥離してしまいます。こうなると外科的手術が必要になってしまいます。

そうならないためにも、膝に痛みを感じたら“成長痛”と決めつけないで専門家に診てもらいましょう。

関連記事

no image

激しい運動がオスグッド病に繋がる?

成長期は『成長痛』 子どもの10代前半の成長期には、成長ホルモンの影響で、身長が急激に伸びることが

記事を読む

no image

レントゲンを撮ったらオスグッド病だった

東洋医学に頼ってみる! 整形外科でレントゲンを撮って「オスグッド病(脛骨粗面剥離を除く)」と診断さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
激しい運動がオスグッド病に繋がる?

成長期は『成長痛』 子どもの10代前半の成長期には、成長ホルモンの影

no image
オスグッド病を改善するストレッチ

ストレッチは力を抜いてやる。 筋肉に力が入ったままストレッチをすると

no image
レントゲンを撮ったらオスグッド病だった

東洋医学に頼ってみる! 整形外科でレントゲンを撮って「オスグッド病(

no image
膝の痛みを感じたらオスグッド病かも?

痛みのメカニズムを解説! 第2期成長期と呼ばれる10歳~15歳ぐらい

no image
オスグッド病に有効なリハビリ

膝蓋骨(膝小僧の骨)は大腿四頭筋(太もも上側)と膝蓋腱の間で動くのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑