激しい運動がオスグッド病に繋がる?

公開日: : オスグット病について

成長期は『成長痛』

子どもの10代前半の成長期には、成長ホルモンの影響で、身長が急激に伸びることが多いのです。

この急激な骨の成長に筋肉の成長が追い付かず、筋肉のけん引によって筋肉と骨をつなぐ腱と骨の部分で炎症を起こしてしまう痛みを『成長痛』といいます。

この痛みは、筋肉の成長が追い付けば痛みは治まりますので、痛いときは安静にして、痛い所を冷やしたり、テーピングによって無理な負荷がかからないように筋肉の補強をしてあげる応急処置で痛みが治まる場合もあります。

『成長痛』から引き起こる場合がある。

成長期の骨の急激な伸びは1度きりではないので、チョクチョク痛みは起こります。

そんな時に、毎日激しいスポーツ、特に跳躍をするバレー・バスケット・サッカーをしていると、脚の大腿四頭筋のけん引が大きく、ただでさえ大腿骨の成長に大腿四頭筋がついていけずに無理に引っ張られているというのに、さらに負荷がかかり、大腿四頭筋が膝蓋骨を引っ張り脛骨と膝蓋骨をつなぐ膝蓋腱に異常な牽引力がかかり、脛骨の脛骨粗面が引っ張られて骨が出っ張って来るのです。

成長過程の骨は、成人の骨に比べて非常に柔らかくもろいのです。

そのため、この脛骨粗面のけん引が限界を超えると、脛骨は剥離してしまいます。

このように『成長痛』が起こるような第2期成長期に激しいスポーツをしていると、オスグッド病になってしまう可能性が高いので、そうならないために、運動前には十分なストレッチをして、筋肉の柔軟性を高めてからスポーツするようにしましょう。

但し、運動不足の子どもにとっては、長距離を歩くだけでも『激しい運動』 になります。

しかし、成長期を終えて骨の成長が完全に止まってしまったらオスグッド病にはなりません。

関連記事

no image

膝の痛みを感じたらオスグッド病かも?

痛みのメカニズムを解説! 第2期成長期と呼ばれる10歳~15歳ぐらいの10代前半の年齢では、成長ホ

記事を読む

no image

レントゲンを撮ったらオスグッド病だった

東洋医学に頼ってみる! 整形外科でレントゲンを撮って「オスグッド病(脛骨粗面剥離を除く)」と診断さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
激しい運動がオスグッド病に繋がる?

成長期は『成長痛』 子どもの10代前半の成長期には、成長ホルモンの影

no image
オスグッド病を改善するストレッチ

ストレッチは力を抜いてやる。 筋肉に力が入ったままストレッチをすると

no image
レントゲンを撮ったらオスグッド病だった

東洋医学に頼ってみる! 整形外科でレントゲンを撮って「オスグッド病(

no image
膝の痛みを感じたらオスグッド病かも?

痛みのメカニズムを解説! 第2期成長期と呼ばれる10歳~15歳ぐらい

no image
オスグッド病に有効なリハビリ

膝蓋骨(膝小僧の骨)は大腿四頭筋(太もも上側)と膝蓋腱の間で動くのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑