「 月別アーカイブ:2014年05月 」 一覧

レントゲンを撮ったらオスグッド病だった

東洋医学に頼ってみる! 整形外科でレントゲンを撮って「オスグッド病(脛骨粗面剥離を除く)」と診断されたら、通常、成長期が終わるまで気長に保存療法を続けるように言われ、そして激しい運動は禁止されてしま

続きを見る

膝の痛みを感じたらオスグッド病かも?

痛みのメカニズムを解説! 第2期成長期と呼ばれる10歳~15歳ぐらいの10代前半の年齢では、成長ホルモンの影響で身長が急激に伸び、筋肉の成長が追い付かない場合があります。 このときに急に膝やかかと

続きを見る

オスグッド病に有効なリハビリ

膝蓋骨(膝小僧の骨)は大腿四頭筋(太もも上側)と膝蓋腱の間で動くのです。膝蓋腱が大腿四頭筋に大きく引っ張られることがなければ、膝蓋腱に大きな負担がかかることはありません。大腿四頭筋が柔軟性が高く伸縮力

続きを見る

早期回復できるオスグッド病

東洋医学で「痛み」について考えてみる。 東洋医学では「オスグッド病の痛みは、脳が自己防衛のために膝の使用禁止という指令を出した」と考えます。 つまり 成長期の骨と筋肉の成長バランスの差と

続きを見る

no image
激しい運動がオスグッド病に繋がる?

成長期は『成長痛』 子どもの10代前半の成長期には、成長ホルモンの影

no image
オスグッド病を改善するストレッチ

ストレッチは力を抜いてやる。 筋肉に力が入ったままストレッチをすると

no image
レントゲンを撮ったらオスグッド病だった

東洋医学に頼ってみる! 整形外科でレントゲンを撮って「オスグッド病(

no image
膝の痛みを感じたらオスグッド病かも?

痛みのメカニズムを解説! 第2期成長期と呼ばれる10歳~15歳ぐらい

no image
オスグッド病に有効なリハビリ

膝蓋骨(膝小僧の骨)は大腿四頭筋(太もも上側)と膝蓋腱の間で動くのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑